上流工程を担うSEが身に付けるべきスキル

システム開発の現場において上流工程を担当するSEには、順調にプログラマーやウェブデザイナーに作業を引き継ぐためにクライアントにヒアリングを行ったり、ニーズをくみ取ったりするスキルが要求されます。
特に大規模なプロジェクトの際は一人のSEの責任が重くなるだけでなく仕事量も多くなる傾向があるため、将来に向けた地道なスキルアップが大事です。

システム開発の上流工程は要件定義から始まり、計画立案までの一連の作業をこなす必要があります。
請け負うサービスの種類や顧客の要望などによっては、作業の進め方に違いが出るケースも珍しくありません。
そのため、上流工程に携わるSEとして長く活躍したいのなら、働きながら様々な立場のクライアントと連絡を取り合い、業界内で需要が高まっているサービスの特徴について随時把握することが大事です。

上流工程を担うSEに必要なスキルは、プログラミング言語やアルゴリズムなどの技術的なものばかりでなく、交渉力や企画力、コミュニケーション力など様々なものがあります。
無理なくスキルを磨くために、就職前にIT業界のSEに期待されている国家資格を取得したり、業界内でSEを対象に開かれているセミナーに参加したりするのも良い方法です。
クライアントにより良いサービスを提供するためには、上流工程のSE同士だけでなくこまめに下流工程を担当する他の職種のエンジニアとも意見交換を行い、作業の全体を見通すことも重要です。

このように上流工程を担うSEが身に付けるべきスキルはいくつか存在しているため、目指す際は早いうちから地道なスキルアップを図る必要があります。